スポンサードリンク

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年01月31日 (18:58)

<高速無料化>35区間前後で実施へ 地方路線が中心

国土交通省は、高速道路無料化の社会実験について、交通量が少ない地方路線の2車線区間を中心に、35区間前後で実施する方針を固めた。全国の高速道路総延長の約5分の1に当たる1500キロ前後が対象となる。前原誠司国交相が2日に発表する予定。

 無料化の社会実験は、6月をめどに始める。具体的には、北海道横断道、日本海沿岸東北道、山陰道、東九州道、沖縄道などの一部が無料化の対象となる見込み。昨年3月から土・日・祝日に実施している「上限1000円」の割引制度は、自動料金収受システム(ETC)機器を搭載している車が割引の対象だったが、6月からの無料化はETC機器を搭載していない車も対象になる。

 渋滞の悪化を避けるため、首都高速、阪神高速と、大都市間を結ぶ東名高速や名神高速などは除く。フェリーと競合する本州四国連絡高速と東京湾アクアラインも対象外とする。

 国交省は10年度予算の概算要求で社会実験の費用6000億円を計上したが、厳しい財政事情から1000億円に圧縮された。このため、無料化の対象区間は限定的なものになる。

 一方、同省は10年度に「上限1000円」などの割引制度を全面的に見直し、車種別に上限料金を設ける制度を導入する方針。また、これまで料金割引に使われてきた財源を、高速道路の建設にも使えるようにする法案を通常国会に提出することを検討している
スポンサーサイト
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2008年11月09日 (18:04)

元人気AV女優が大麻!自宅には覚醒剤も

関東信越厚生局麻薬取締部は8日、大麻取締法違反(所持)と覚せい剤取締法違反で、元AV女優の倖田梨紗(こうだ・りさ)=本名・菊地有紗=被告(22)を逮捕、起訴していたことを明らかにした。また、交際相手のプロテニス選手・宮尾祥慈容疑者(27)も大麻取締法違反で逮捕したと発表。日本テニス協会はこの日、宮尾容疑者の逮捕を受け会見し、謝罪。同容疑者の永久追放処分の可能性を示した。

 早大出身の現役プロテニス選手と元人気AV女優が、大麻取締法違反などの疑いで逮捕されていた。

 麻薬取締部の調べによると、宮尾容疑者は10月15日、交際していた倖田被告が住む東京都港区のマンションで乾燥大麻0・7グラムを隠し持っていた疑い。

 その後、家宅捜索を進めた麻薬取締部は、マンションから大麻と覚せい剤を発見。現行犯で倖田被告を逮捕した。倖田被告が「大麻は宮尾容疑者と一緒に吸うためのものだった」と供述したことから、今月5日に宮尾容疑者に出頭を求め、逮捕した。容疑を認めているという。2人は昨年5月に知り合い、9月に交際を開始。倖田被告のマンションで同棲(どうせい)状態だったという。

 倖田被告はレースクイーンを経て、05年にAVデビュー。芸名は歌手の倖田來未を意識したもので、20本以上の作品に出演して人気となったが、08年にAV引退を表明、自身のブログ「倖田梨紗のnatural☆style」も2月限りで更新していない。

 一方、宮尾容疑者は有名人が多く在籍する堀越高から早大に進み、03年の全日本学生選手権で優勝後、04年にプロ転向。日本テニス協会のホームページによると、日本ランクは23位で、最高15位まで上った経験を持つ。同協会によると、07年の全日本選手権でのドーピング検査では異常がなかったという。宮尾容疑者が07年4月から所属していた旅ポケットドットコムは7日付で契約を解除した。

 また、父・宮尾慈良氏は演劇学者として知られ、早大、慶大、日大などで非常勤講師を務め、大手予備校で英語の指導したこともあり、多くの支持を得ていた。

 麻薬取締部は今後、大麻の購入経路など詳しく調べる方針。
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2008年07月15日 (07:04)

<世論調査>内閣支持率…サミット効果不発 毎日新聞

毎日新聞が12、13日に実施した全国世論調査(電話)では、議長を務めた福田康夫首相が「総じて順調」と総括した北海道洞爺湖サミットの効果は表れなかった。サミットと並ぶ政権浮揚策と位置づけられる内閣改造に対しても、与党内に暗雲が漂ったという見方が浮上。改造に踏み切るかどうかの首相の判断は、さらに難しくなるとみられる◇内閣改造待望論に冷や水

 「サミットに期待しても内閣支持率は上がらない。一般の人にとっては『関係ない』というのが正直なところではないか。サミットに期待しすぎるのは他に政権浮揚策が見あたらない苦しさだ」

 調査結果を受け、政策研究大学院大の飯尾潤教授(政治学)は指摘する。

 政府・与党内でサミットと内閣改造が政権浮揚策と位置づけられたのは、過去に外交や人事が内閣支持率の大幅アップにつながった例があるからだ。

 小泉純一郎首相が電撃訪朝をした02年9月調査の支持率は24ポイント増の67%を記録。小渕恵三首相が自自連立に踏み切った直後の99年1月は14ポイント増の30%、小泉氏が内閣改造を機に安倍晋三氏を自民党幹事長に抜てきした03年9月は11ポイント増の65%だった。

 サミットの国内開催は過去4回。サミット後に倒れた93年の宮沢喜一内閣を除き、79年の大平正芳、86年の中曽根康弘、00年の森喜朗3内閣の支持率は、サミット後もほぼ横ばい。政府・与党が実証されていないサミット効果にすがったのは、他に政権浮揚の材料が見あたらなかったからだろう。

 ところが、調査結果はそれを裏切る数字を示した。

 首相が議長として指導力を発揮したと思うかという質問には、自民支持層でも「思う」47%と「思わない」43%が拮抗(きっこう)。公明支持層では「思わない」51%が「思う」39%を上回った。サミットを経た首相の評価について「変わらない」との回答は自民支持層、民主支持層、無党派層の82%、85%、87%など大多数に上った。

 一方、支持率微増は内閣改造待望論に冷や水を浴びせた。

 自民党の古賀誠選対委員長は14日のBS11デジタルの番組で「福田政権がどういう方向に行くのか明らかにしないと次の衆院選を戦えない」と語り、改造で小泉改革からの転換を打ち出すべきだとの考えを改めて強調。しかし、これとは裏腹に党内には消極論が広がった。

 党幹部の一人は「改造でも支持率が上がらなければ、『福田降ろし』が顕在化する」と懸念を表明。別の幹部も「入閣できなかった議員が不満分子になるだけ。改造は求心力を失わせる」と語った。

 「新しいことをするよりも安定感を見せる方が支持率回復につながる」。飯尾教授も警告している。
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (1) トラックバック (0)

2008年06月23日 (08:13)

カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2008年02月28日 (15:30)

夫麻世、帰宅は「時々」 カイヤから自宅の鍵渡してもらえず

でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 アイシールド21 【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-3057
   離婚が秒読み、というか「まだ離婚してないの?」と驚く人も少なくないかもしれない川崎麻世・カイヤ夫妻。カイヤさんが住む自宅にトルコ人男性が出入りしていることを女性週刊誌が報じ、カイヤさんは2008年2月20日、テレビのワイドショー取材に答えた。カイヤさんは麻世さんの帰宅は「時々」、だと別居状態であることを明かした。    女性セブン(2月28日号)は「カイヤ 生活費払う麻世は知らない 同居外国人」と題し、カイヤさん出資店の店長だったトルコ人男性が「慣れた様子」で麻世・カイヤさん宅へ「はいっていった」様子を伝えた。   記事は知人の話として、麻世さんの浮気で冷え切った夫婦関係も、かえってそれがネタとなり仕事が増え、子供のために離婚していないという見方を伝えている。
最新 株式 市況 情報は転々・・転々情報


さらに04年ごろから麻世さんが「ホテルを転々とし」「現在は都内にある友人のマンションに身を寄せ」と別居状態であると指摘している。   カイヤさんは取材に対し、「麻世がどこにいるかわからないね」「最近鍵を新しいのに変えてそれは渡してないよ」と答え、別居状態であることあっけらからんと認めている。   20日のテレ朝系情報番組「スーパーモーニング」でも、麻世さんの「帰宅」について、カイヤさんは「時々」と答えた。女性セブンが報じた外国人男性については「同居はしてないですよ」とし、自宅で飼っている動物の面倒をときどき見てもらっている、などと落ち着いた口調で説明した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆転々関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません



カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。